OSAKA IMAZATO GUEST HOUSEへようこそ!

大阪唯一の女性専用ゲストハウスです♪大阪・関西の旅行のスポットなんかもどんどんUPしていきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

結局押し付けるからダメってことだよね?

『仕事は楽しむが勝ち!』『仕事とワタシを楽しむ本』『仕事は、最高に楽しい。』――世の中には、こんなタイトルの本があふれている。旧約聖書にも、こうある。「勤め働く者の心は豊かに満たされる」。



仕事は楽しんでやるべきだ――そんな流れに、お笑いコンビ「オードリー」の若林正恭さんが異を唱えた。こうした世間の風潮は、「エンジョイハラスメント」にほかならないというのだ。

テレビ番組「セブンルール」で提唱
若林さんの発言が飛び出したのは、2017年11月7日放送の「セブンルール」(フジテレビ系)だ。

各界で活躍する女性たちにフォーカスを当て、その生き方に取材するというこの番組で、7日はファッションブランド「H&M」のPRマネージャーを務める室井真希さんが取り上げられた。その中で室井さんが、自分が仕事をする上のルールとして挙げたものの一つが、やりがいを感じられるような華やかな仕事、楽しい仕事は、極力チームのメンバーに割り振り、自らは黒子に徹する、というものだった。

「朝起きた時に『会社に行きたくないな』って(メンバーに)絶対思わないでほしくって。やっぱりそれはどういうことかというと、楽しいことをしているのが一番だと思うんですが、花のある部分を私が絶対取っちゃいけないと思っていて。その部分はチームに残しておくってことに気を付けています」

「たぶん今みんな、すごく楽しいと思ってくれてると信じています

若林さんは、これら仕事の「楽しさ」をめぐる発言に引っかかったようだ。スタジオでのトークパートで、渋い顔で「朝起きて仕事楽しいな」的なものを求める風潮について、

「俺は『エンジョイハラスメント』と呼んでいるんです」
とバッサリ切った。

「ネタ作るのなんて全然楽しくない」
若林さんは、

「『だりーな』と思いながら仕事の現場行ってちゃんとやって、『これでよかったかな』ぐらいで帰ってもいいじゃん、と思うんですよ」
と続け、自らの仕事である「お笑い」についても、こうぶっちゃける。

「俺マジで、ネタ作るのなんて全然楽しくないですよ。めんどくさいし、くっそーと思いながら『サンマルク』(喫茶店)行って」
そして、

「『楽しい』ってそんな重要なのか、っていうね」
と、根本的な疑問を呈した。

共演者の作家・本谷有希子さんも、

「責任ある仕事任されてたら、朝起きて楽しいな、なんて絶対思えないよね」

と応じつつ、

「でも、仕事が好きって思うのは重要ですね。(中略)得意なことやってると楽しいし、好きって思うから、得意なことその子たちに任せる、っていうのは、ひとつあるんだろうな」
と室井さんの手法には理解を示し、若林さんもこれには頷いていた。

「ハラスメント」被害者たちから共感も
番組放送とともに、若林さんの発言にはツイッターで多くの共感が寄せられた。

「エンジョイハラスメントはもっと広まって欲しいなと思った 仕事は生きる上で仕方なくしてることで楽しんでなんかられるかよと思うし なんでも盛り上がって楽しまないとみたいなの本当苦痛」
「エンジョイハラスメント超わかる。なんでも楽しく取り組む方が人生楽しくない?みたいな。どれを楽しむかぐらい自分で決めるし、そういう考え方を持つ人の方が人間出来てるような風潮がしんどい」
「きれいごとを言って、楽しいはずだよ、変われるよ、大丈夫!って、テンション高いやつ 勘弁してくれ 生きるので精一杯ですから」
「わかるなー。ははは。 楽しんだもん勝ち、というのもそれはそれでわかるんだけども」
「仕事が楽しくないとは気の毒に。しかしハラスメントねえ...。仕事へのスタンスなんて人それぞれだろうに」という反論もあるが、中には、「これ流行語大賞だわ」といった声も上がる。ハラスメントの「被害者」は意外と多いようだ。



                                              J-castニュースから抜粋


なんかおもしろいな~と
反論や共感も色々あるだろうし面白いので載せてみたけど
仕事のスタンスしかり
収入も何もかも違うんだから
仕事が楽しくなくてもいいとも思う。どうしても辞めれない人もいる訳だし我慢して仕事してる人もいる訳だし。




「きれいごとを言って、楽しいはずだよ、変われるよ、大丈夫!って、テンション高いやつ 勘弁してくれ 生きるので精一杯ですから」

なんかちょっとこのセリフは耳が痛い(笑)






うん。

楽しさを強要されると嫌な人もいてるってことだよね。

うん。わかった。







例えば


一緒に生活するパートナーの



『仕事おもんない』

『仕事嫌や』

はあんまり聞きたくはないし

はたまた
『楽しいフリするんつかれた』

『エンジョイハラスメント受けてきたよ』

もいやだな~。
って
私は思うけど


楽しさ強要すんなよって思う人は


家でどんな会話してるの??








楽しみ方は人それぞれだけど

『楽しい』と『楽しくない』
だったら

どうせだったら

『楽しい』の方がいい気はするんだけどな~(笑)



私は仕事も仕事場も完全に『スキ』だし『楽しい』
帰ったら疲れきってる日もあるけど

『今日保育園楽しかった?』って聞くと『楽しかった!』

って言うてもらえる方がいいし

『お仕事楽しかった?』って聞かれる日は『今日も楽しかったで~!!!』


って

いいたいけどね。(笑)



で、もっかい 
読み直したらさ

若林さんの

「『楽しい』ってそんな重要なのか、っていうね」




ってこれ

なんか



どうだろ。(笑)

だりーなーって思いながらお笑い作ってるなら
もうオードリーのネタもみたくないけどな。
そして
だりーなーって思いながらでも
ネタ作るのは
そのだるさに見合った収入があるわけで。







大阪1になるとバスケを頑張ってた時は

『勝つってそんなに重要か?』って思ってた時あるけど



それとこれは違う感じするんだけど。

それとこれも同じなのか?(笑)



好きと嫌いなら好きの方がいいに決まってるし

楽しいと楽しくないなら

楽しいの方がいいに決まってるでしょ。


楽しくない人とわざわざ会わないでしょ。(笑)ってなる。


仕事は

自分の時間の対価としてお給料をもらうから

楽しくないこともそりゃあるでしょうよ。




頭下げるときとかだれかの尻拭いする時とか。



得意じゃない仕事をしているときもつらいだろうけど



エンジョイハラスメントな人たちは
ちょっとゲサなくらい


楽しく持って行こうと

言霊を使ってるんじゃない?



位思ってくれたらいいと思います。(笑)






だから私は
綺麗ゴトかもしれんけど


エンジョイハラスメントな人でありたいですね。(笑)



だから

『楽しい』は仕事であっても重要!
(ただし強要はしておりません(笑))
以上!




スポンサーサイト

| 独り言 | 07:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imazatogest.blog101.fc2.com/tb.php/1540-ec2bd05e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT