OSAKA IMAZATO GUEST HOUSEへようこそ!

大阪唯一の女性専用ゲストハウスです♪大阪・関西の旅行のスポットなんかもどんどんUPしていきます。

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ネタバレあり。というか、刺さったセリフを描かせて頂戴。『脳内ポイズンベリー』を見た。

マンガが原作の映画『脳内ポイズンベリー


m_nounai-thumbnail2.jpg


あらすじ

携帯小説家の櫻井いちこ(真木よう子)の頭の中には

いろいろな役割を持つメンバーが会議を繰り広げ、

恋のかけひきやらを展開していくお話。


inside hed
これにちょっと似ているね(笑)
(ちなみにインサイドヘッドも私の大好きな映画のひとつです)



議長の吉田(西島さん)
ネガティブ(という感情の役)池田は吉田羊さん
衝動ははとこと言う名で桜田ひよりちゃん
ポジティブ石橋は神木龍之介。
記録係はおじいちゃんの岸さんで浅野和之

ce97cc95a42463d6f3072c27ba87c646.jpg



年下の早乙女やら編集担当の越智さん

恋に振り回され、

昔のトラウマから全然成長していない様子や

妥協する感じや

トラブルになって限界になる感じとか

イチコと脳内たちの感情が現代の日本女子の脳内の如く
上手に描かれて

げらげら笑いながら見てました。


(個人的には脳内のみんながパンクするときに出てくるSMイチコ(真木よう子)が大好きです(笑))



ココ以下は一番ええとこのネタバレだから見たい人は見ないで(笑)




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

映画も終盤になると

なんとポジティブの神木龍之介が眠ってしまうの。

イチコが自分のポジティブを押し殺して
年下の彼といてようとしたから


ポジティブが黒い繭みたいなのに包まれてねむってしまうの。






そして脳内はまたまた大パニックになるんだけど

議長がいうわけさ。

『ずっとイチコが幸せになることを考えていた。早乙女(年下の彼氏)は好きだけど、早乙女といているときの自分は嫌いだ。

自分の事を好きになりたいから早乙女とは別れる!』





きっぱり

いうわけ。




そしてすがる早乙女を振り切って

振り返らずに

お別れするのね。





こういうことってあるよね。


自分の一部を殺してまで

一緒に要る必要なんてない。




そしてイチコも言うのよ。

『誰と居たいかじゃない。誰と居るときの自分が好きかだ。あなたの事は好きだけどあなたといるときの自分は嫌い』




真木よう子も美しいし、


神木龍之介君の顔の下半身(どうも私口元とか顎が美しい人が好きみたい(笑))





見ててほんとに楽しくて最後

ちょっぴり考えさせられる映画でした。



自分の事が好きじゃないと

ダメだよね。
笑うんうん。



お盆にごろごろするなら是非こんなゆるーーーーい映画も良いかもっす。(笑)




スポンサーサイト

| 映画あれこれ | 07:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |